Dear my vision ニチコン
サイトマップ お問い合わせ サイト内検索
トップページ  製品紹介  初めてのコンタクトレンズ  正しいお手入れ  健康な瞳のために  よくあるご質問
企業情報
会社概要
沿革
日本で最初のコンタクトレンズの話
ニチコンの取り組み
医療機関等との透明性に関する指針
ニチコンネットワーク
本社地図
ニチコン取扱い施設
沿革
トップページ > 企業情報 > 沿革

沿革
1949年 医学博士 水谷豊がコンタクトレンズの開発に着手し、1951年に日本で初めて臨床的に成功を収め、コンタクトレンズクリニック(名古屋)を開設。
1958年 合名会社日本コンタクトレンズ研究所(名古屋)設立。
M.K.マイクロレンズ(ハードレンズ)発売。
ハードレンズ(カラー)発売。
1960年 (株)日本コンタクトレンズ研究所(東京)設立。
1964年 日本コンタクトレンズ製造株式会社設立。
(株)日本コンタクトレンズ研究所(大阪)設立。
(株)日本コンタクトレンズ研究所(福岡)設立。
1966年 (株)日本コンタクトレンズ研究所(広島)設立。
1968年 (株)日本コンタクトレンズ研究所(高松)設立。
1970年 (株)日本コンタクトレンズ静岡商事設立。
宮崎工場竣工。
万国博、タイムカプセルに当社コンタクトレンズ収納。
1971年 (株)日本コンタクトレンズ研究所(名古屋)設立。
1973年 新製品ニチコンソフト38発売。
1978年 新製品シリコーンエラストマーコンタクトレンズ発売。
1984年 新製品オーツーフレッシュ(酸素透過性ハードレンズ)発売。
1985年 社名変更
【旧社名】日本コンタクトレンズ製造株式会社を
【新社名】株式会社日本コンタクトレンズに変更。
1987年 本社社屋完成。
1988年 商品管理センター完成。
1991年 新製品オーツーフレッシュII(高酸素透過性ハードレンズ)発売。
新製品ツインケア(ハードレンズ用酵素入り保存液)発売。
宮崎第二工場竣工。
1994年 新製品ニチコンソフトα(カラーソフトレンズ)発売。
1995年 ボシュロム社と一部業務提携。
メダリスト(定期的交換ソフトレンズ)発売。
新製品ニチコンO2クリーナー(ハードレンズ用超微粒子入り洗浄液)発売。
1996年 関西本部開設。
1997年 新製品ニチコンRZX(高酸素透過性・連続装用可能ハードレンズ)発売。
新製品ニチコンソフィット(ソフトレンズ)発売。
1998年 洗眼薬発売により、医薬品分野へ参入。
新製品スーパーツインケア-L(ハードレンズ用つけおき酵素洗浄液)発売。
新製品ソフトプロ-L(ソフトレンズ用つけおき酵素洗浄液)発売。
1999年 創業50周年
新製品リプラ、ソフトナウ(新発想ソフトレンズ)発売。
新製品ローズK(ハードレンズ)発売。
2000年 (株)日本コンタクトレンズ と (株)日本コンタクトレンズ研究所(広島)(高松)(福岡)の合併。
関西本部を大阪支店に名称変更。
新製品ニチコンEX-UV(高酸素透過性ハードレンズ)発売。
新製品プラスビュー(遠近両用ハードレンズ)発売。
新製品トータルワン(ハードレンズ用1液タイプ酵素洗浄保存液)発売。
2001年 新製品ニチコンEX-UVトーリック(乱視用ハードレンズ)発売 。
プロフェッショナルクリーナー(医家向)発売。
2002年 ジャストサービス(ケア用品通信販売)の開始。
2004年 福岡受注センター開設。
大阪受注センター開設。
2005年 東京受注センター開設。
札幌受注センター開設。
新製品ニチコン ソフトRP(1ヵ月交換ソフトレンズ)発売。
新製品ニチコンうるるUV(高品質酸素透過性ハードレンズ)発売。
新製品トータルワンプラス(ハードレンズ用洗浄保存液)発売。
2008年 姫路営業所を大阪支店に統合。
新製品ローズK2シリーズ(ハードレンズ)発売。
新製品プラスビューII(遠近両用ハードレンズ)発売。
商品管理センターを本社に統合。
2009年 ニチコン浜松移転。
金沢営業所移転。
名古屋で「ローズKセミナー」を開催。
2010年 岡山営業所を大阪支店に統合。
盛岡営業所を仙台営業所に統合。
広島営業所を福岡支店に統合。
福岡で「ローズKセミナー」を開催。

株式会社
日本コンタクトレンズ
〒454-0825
名古屋市中川区好本町
3-10
TEL:052-363-2750(代)



 企業情報のトップへ


トップページへ  このページのトップへ
 株式会社日本コンタクトレンズ 企業情報 ご利用上の注意 プライバシーポリシー
Copyrights(c) Nichicon, all rights reserved.